2020年 11月 26日 (木)

頭の固い上司に「YES」と言わせるため 体得しておきたい技術

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「相手に質問をする」ことの重要性

   誰でも強制された仕事をするのは嫌なもの、それは部下から上司、上司から部下でも同じ。

   相手が発案して、相手がやると言い出した、ということになれば、文句は出ないもの。そのためには、カーネギーも言っていますが

「相手に質問をする」
「その仕事が発生する過程で相手の意見が反映されているようにする」

というのは、実にうまいやり方と言えるでしょう。さらに

「これは、どうすればいいのだろう?」
「なるほど、そんなやり方があったか!」

という言葉を上手に使いながら、相手をその気にさせるという心理的作業が必要になります。体得しておきたい技術です。(高城幸司)

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。
「高城幸司の社長ブログ」
株式会社セレブレイン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中