2018年 9月 23日 (日)

JTが「一時金20万円」支給 法人減税分を社員還元

印刷

   日本たばこ産業(JT)は、1年前倒しで廃止になった復興特別法人税の減税相当分を、社員に一時金として還元すると、2014年4月22日に発表した。約9000人の正社員を対象に、1人あたり20万円を5月中旬に支給する。新入社員は4万円、契約社員や非正規社員には2万~5万円が支給される。

   復興法人税の廃止に伴う一時金の支給は大手企業では初めてとみられる。

   政府は、復興特別法人税を廃止し、それをベースアップや賃上げの原資にすることを企業に求めてきた。JTは今春闘で、賃金体系を底上げするベースアップを月2600円で実施することで労働組合と妥結している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中