JTが「一時金20万円」支給 法人減税分を社員還元

印刷

   日本たばこ産業(JT)は、1年前倒しで廃止になった復興特別法人税の減税相当分を、社員に一時金として還元すると、2014年4月22日に発表した。約9000人の正社員を対象に、1人あたり20万円を5月中旬に支給する。新入社員は4万円、契約社員や非正規社員には2万~5万円が支給される。

   復興法人税の廃止に伴う一時金の支給は大手企業では初めてとみられる。

   政府は、復興特別法人税を廃止し、それをベースアップや賃上げの原資にすることを企業に求めてきた。JTは今春闘で、賃金体系を底上げするベースアップを月2600円で実施することで労働組合と妥結している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中