2019年 11月 18日 (月)

「そんな会社なら捨てちゃえば?」 「30歳で退職」女子はコスパが良い説

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「私、会社やめるんだ」。つい先日、有名企業に勤めている友人が、退職しました。どうやらメーカー勤務の彼が地方転勤になり、ついていくことにしたらしい。「え~、あんないい会社、辞めちゃうの!?」なんて少し驚いたものですが、彼女のライフコースはかなりメジャーなもの。多くの女子は、20代の半ばで「転機」を迎えるのです。

   女性は、男性よりも早くに将来のキャリアを意識し始めます。転職サービス「DODA(デューダ)」の調査(2012年)によると、女性が転職を考え始める年齢のピークは24歳と25歳。男性より2年ほど早いのです。

女性雇用のM字型カーブ

退職しようかな?
退職しようかな?

   女性が第一子を産む年齢は、平均30.1歳(2013年版少子化社会対策白書)。出産をきっかけに過半数の女性が退職する(厚生労働省調査、2010年時)ことを考えると、今どき女子のライフコースは「20代で一度転職、アラサーで結婚、30~32歳で子どもを産んで退職、または時短勤務」という感じでしょうか。

   30代女性の労働力率は、20代や40代と比べてぐっと低くなります。いわゆる雇用のM字型カーブ。「うちの会社に、フルタイムで働く30代女子ってあんまりいないな~」という人も多いのではないでしょうか。結構な数の30代女子は家にいて、子育てをしているのです。もしくはパート、派遣などの非正規雇用。

   「女性の活用を進めるべきなのに、出産で過半数の女性が退職を余儀なくされるとは、由々しき事態である」。学者や政治家たちのボヤキが聞こえてきそうです。でも、すべての企業がそのように考えているとは限りません。なかには、アラサーで退職していく女子たちについて、企業にとっておトク=「コスパがいい」存在だと見ているところもありそうです。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中