三菱商事、一時金で商品券 役員・社員10万円、派遣社員ら5万円

印刷

   三菱商事は、好調な業績や安倍政権の産業界への賃上げ要請を踏まえ、派遣社員も含めた全社員7700人に一時金として商品券を支給する。2014年5月8日に行った3月期の決算発表で明らかにした。役員と社員6400人は一律10万円、派遣社員らは5万円。7月1日に支給する。

   同社の場合、給与体系が業績に連動しているため、一時金で社員に報いることにした。また支給は、財閥解体後に現在の三菱商事が発足してから、14年度に60周年を迎える記念の意味もある。

   商品券での支給については、「消費拡大に貢献したい」と説明している。

   2014年3月期連結決算(米国会計基準)によると、売上高は前期比8.6%増の21兆9501億円、最終利益は23.5%増の4447億円だった。アジアの自動車関連事業や化学品などが好調で、円安効果も利益を押し上げた。

   15年3月期は10円の記念配当を実施し、株主配当は2円増の年70円とする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中