「8月11日が休日に」嬉しい?夏休みと重なり微妙? 2016年から祝日「山の日」に

印刷

   8月11日が、「山の日」として2016年から祝日になる。改正祝日法が2014年5月23日、参院本会議で可決、成立したためだ。このニュースが流れると、ツイッターで早速反応が寄せられた。学生にとっては「夏休み期間中」で、ありがたみは薄そうだが、社会人にとってはどうか。「お盆休み」と微妙な距離感にある日程だけに、さまざまな反応があるようだ。

   テレビ朝日系「報道ステーションSUNDAY」メインキャスターの長野智子さんのツイッター(認証済みアカウント)では、「成立へ」段階の報道に対し、「お盆休みだし。。ほかの日でもいいような」とつぶやいていた。

   一方、

「実質的には『夏季休暇1日分得したった』日になる感じだね、ありがたい」

と歓迎するつぶやきもあった。

「意味不明すぎる」「祝日増えるよー(略)でも、夏休み…」

といった反応も見受けられたが、社会人ではなく学生かもしれない。

   社会人に限定した場合、「8月11日が祝日に」に対し、「歓迎」派と「微妙」組とでは、どちらが多数派なのだろうか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中