ベア実施の上場企業、7%から46%へ急増 「14年春」経産省が調査

印刷

   経済産業省が2014年春に基本給を底上げするベースアップ(ベア)について上場企業を調査したところ、半数近くの46.7%が実施したと答えた。5月30日、同省が発表した。賃上げした企業のうち、ベアを実施した企業の比率は13年度の7.7%から46.7%へと大幅にアップ。ベアを実施した企業の7割はリーマン・ショック以来、6年ぶりのことだった。

   業種別にみると、ベアを実施した企業は、円安で業績が改善した輸送用機械や電気機器メーカーが多かった。一方、内需を中心とした建設や食料品、陸運業などはベアを実施した企業が相対的に少なかった。

   調査は、経産省が上場企業1762社にベアの実施状況を聞き、5月14日までに927社から回答を得た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中