2020年 5月 27日 (水)

キラキラ女子社員の台頭で、スイーツ女子はどこへ消えた?

印刷

今や「モテたいならキラキラ仕事しろ!」の時代?

   ここ1~2年、「スイーツ(笑)」が死語になる一方、仕事にもおしゃれにも全力投球な「キラキラ女子」に注目が集まっています。サイバーエージェントのキラキラ女子社員は、日経新聞が「女性活用のモデル」と特集記事(2013年2月)を組むほど。

   「キラキラ」という呼び方には、「キラキラネーム=DQNネーム」に象徴されるような、からかいのニュアンスもあります。キラキラ女子は、かつてのスイーツ(笑)と同じような扱いを受けることも多いようです。少し前には、「キラキラ20時退社」が理想という女子大生が、「仕事の厳しさを分かってない」と批判されたりもしていましたっけ。

   とはいえ、一部のキラキラ女子は、スイーツとは全く異なる価値観をもっています。モテを追求するばかりではなく、仕事での自己実現にも貪欲。もとより流行モノが好きなキラキラ女子は、鋭いセンサーで新たなビジネスチャンスを掴むのも得意です。今や「モテたいならキラキラ仕事しろ!」の時代なのかもしれません。

   かつてのスイーツ女子たちは、どこへ消えたのでしょうか?(北条かや)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中