あなたの人生、今何時ですか? 「一生を24時間表示」するサイト

印刷

   スイスの時計ブランド「RADO」が、世界初のセラミックスによるタッチセンサー式の時計をプロモーションするために、フェイスブックと連動したキャンペーンサイトを制作した。

   ひとの一生を24時間に例えたときに、今の自分は何時頃を生きていて、これまでの人生はどのようなものだったのかを振り返る「LIFETIME CLOCK」。

節目ごとのライフイベントを選択すると、ムービーが出来る

28歳は午前8時すぎだそう
28歳は午前8時すぎだそう

   自分の名前・性別・生年月日、人生の節目ごとにあったライフイベント(就職、結婚、出産、死別など)を選択。その頃は自分にとっていい時期だったか、そうではなかったのかを表す線グラフを入力すると、自分の過去を振り返るムービーが作られる。

   例えば、勉強を指定したらその時期の映像にはテストの問題用紙が、恋愛なら相手とつないだ手などが映し出される。映像とともに流れる静かな音楽が懐かしい気持ちを演出する。ちなみに、ライフイベントを終始「特になし」すると、やはり平凡なムービーが出来上がってしまう。

   ムービーが終了すると、一生を24時間に例えたときに、今の自分が生きている時間を示す時計が表示される。この時間は、平均寿命(84才)から導き出されている。筆者は28歳、時間であらわすと午前8時すぎだそう。いい加減目を覚ましたほうがいいのか、それとも二度寝していたいと思うか。

   サイトでは「まだこんな時間と思うか、もうこんな時間と思うか、それはあなた次第」と謳われている。なるほど、「持ち主の一生に美しいまま寄り添う時計」というRADOのメッセージがじんわりと伝わるかもしれない。今あなたは何時を生きているだろうか?(岡徳之)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中