2019年 3月 24日 (日)

産休・育休の取得、3年で1.7倍 3メガバンク計

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   女性の仕事と育児の両立を後押ししている三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行のメガバンク3行で、出産や育児のために休暇を取得する人が増えている。日本経済新聞が、2014年6月10日付朝刊などで報じた。2013年度は3行で約4100人が産休か育休を取得。これは3年前の1.7倍にあたるという。

   メガバンクの育児休暇は、おおむね最長2年と法定の最長1年6か月よりも半年長い。また、最近は職場復帰を求める女性行員の支援に力を入れていて、復職前面談の制度化やベビーシッターサービスなど保育料の一部補助といった制度の導入を進めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中