2018年 9月 24日 (月)

社外取締役の採用、約1年で10ポイント超増加 東証1部上場企業の74%に

印刷

   社外取締役制度を導入する東京証券取引所第1部に上場する企業が1345社(速報)となり、全体に占める割合で74.2%と過去最高になった。東証が2014年6月17日、発表した。各社の株主総会が終了した前年の13年8月時点では62.3%(1092社)で、この時点と比べ11.9ポイント(253社)増えた。

   社外取締役制度の導入が増えた背景には、外国人投資家らが社外取締役による監視を通じて企業統治の強化を求めていることがある。また、社外取締役を導入しない理由の説明を株主総会で義務付ける、会社法改正案の審議が進行中であることから、「あらかじめ導入に動く企業が増えた」(東証)こともある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中