2018年 8月 19日 (日)

気象予報士、「職業としている」のは1割未満 試験20周年で日経記事

印刷

   気象予報士試験が20周年を迎えるの機に、日本経済新聞が「登録したのは計9054人」「テレビ局や気象情報会社で働く予報士は1割弱」などと報じた。2014年6月18日付朝刊によると、「合格率5.7%の狭き門」を突破したあとも、「資格があるだけでは通用しない」厳しい現実が待っている現状を伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中