気象予報士、「職業としている」のは1割未満 試験20周年で日経記事

印刷

   気象予報士試験が20周年を迎えるの機に、日本経済新聞が「登録したのは計9054人」「テレビ局や気象情報会社で働く予報士は1割弱」などと報じた。2014年6月18日付朝刊によると、「合格率5.7%の狭き門」を突破したあとも、「資格があるだけでは通用しない」厳しい現実が待っている現状を伝えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中