2020年 12月 5日 (土)

男の蜜を吸って生きる蝶 オフィスに舞う「バタフライ症候群」

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

本当に強いのは、クインビーかバタフライか

   男性並みの努力で成功しつつ、他の女性を「やる気がない」と叩くクインビー症候群。対照的に、女としてちやほやされたいだけのバタフライ症候群。どちらも「女である存在感を利用し、他の女性をおとしめている」ことに変わりはありません。「男女の枠組みに囚われず、普通に働きたい」女子にとっては、クインビーやバタフライたちが近くにいるだけで、心がかき乱されるものです。

   名誉男性であるクインビーは、「男女関係なく、仕事ができてナンボ」という価値観に染まっています。自分は努力して「女の悪い部分を克服してきた」と考えているため、多くの女性をもともと、能力が低い存在とみなしているのです。

   一方、バタフライたちも男性社員に取り入るため、「男が上、女が下」という価値観をあからさまに信じている点では同じ。男性と競争したって負けるのは当たり前、と思っているからこそ、蝶のように「か弱い存在」として守ってもらおうとするわけです。

   自然界の女王蜂は多くの働き蜂を従え、するどい針を持っています。一方で蝶は、花と花の間をふわふわと舞い飛ぶばかりで、寿命も短い。水商売で働く女性を「夜の蝶」などと呼びますが、これも華やかなイメージだけでなく、女性の若さや美しさが儚いものであることも含んだ例えに思えます。

   どうせならクインビーのように図太く生きてみたいものだと思いつつ、そんな覚悟もできないのでバタフライを目指すが、結局どちらにもなりきれずに日々悶々と過ごす……という女性も少なくないのかもしれません。もっとも、最近では、そうした極端な生き方にとらわれず、しなやかに我が道を行く女性も増えてきているようです。(北条かや)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中