「9月までに消費回復」へ社長層の太鼓判? 日経「100人アンケート」で76%に達する

印刷

   「個人消費は9月までに回復する」とみている経営者が7割を超えている。日本経済新聞社が2014年6月22日にまとめた「社長100人アンケート」によると、4月の消費増税後の反動減が一巡して、個人消費は9月までに回復する、との見方が全体の76.3%に達した。自社の2014年度の売上高についても、6割超が下振れはしないと回答している。

   消費増税でいったん落ち込んだ個人消費がいつごろ回復するかは、4月以降の経営環境のポイントだったが、今回の調査では、個人消費が回復する時期について「14年7~9月」が67.3%で最多。「すでに回復している」(9.0%)との答えを含めると、4分の3以上が9月までには増税の影響が収束するとの認識だった。日経は、増税から2か月あまりが経過し、「経営者の前向きな姿勢が鮮明になってきた」としている。

   社長100人アンケートは、国内主要企業の社長(会長、頭取などを含む)を対象に、四半期ごとに実施。今回は6月5日から20日までに、144社から回答を得た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中