2020年 7月 12日 (日)

ずぶ濡れで、さわやかに「おはよう!」 「雨の日に自転車通勤」の悲哀

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   今や、一定規模以上の会社なら必ず数人はいるのではないか、という感もある自転車通勤。エコや健康を気遣う人に広まり、東日本大震災以降は災害対策の一環としても話題になった。通勤ラッシュも避けられていいことづくめのようにも思えるが、天候・気候によっては苦労もありそうだ。

   日本各地で梅雨入りし、これから雨のシーズンが本格化する。自転車通勤をしている人たちは、雨の日も自転車で通うのだろうか?やはり悩みはあるようで、ネット上でも相談が寄せられている。

「乗らないほうが無難」の指摘も

毎日こうなら良いんだけど…
毎日こうなら良いんだけど…

   相談サイト「Yahoo知恵袋」には、「雨の日、自転車車道走行で通勤通学するとき、車に轢かれないようにする」にはどうしたらいいか、との質問が寄せられていた(2014年5月16日)。

   回答には、「質問に合っていなくて、すみません」としながら、

「乗らないほうが無難」
「雨の日は電車」

など、雨天では自転車通勤を回避した方がいいとするコメントが多く投稿されている。

   質問の内容から質問者自身が自覚していることが想像できるが、雨天時には、視界不良やブレーキの利きにくさ、路面の滑りやすさなどに起因して「飛躍的に事故のリスクが高ま」ることを指摘する声がいくつもあった。

   回答者は「それらのリスクを知った上」で、それでも自転車に乗らざるを得ない場合の対策として、安全ベストの着用、昼でもライトの点灯、自転車のメンテナンス、低速走行、そして、雨天時用のウエアを着用などのアドバイスをあげている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中