2018年 9月 25日 (火)

年収が高い人ほど、残業時間が長い傾向 「最も長い」層はいくらもらっているのか

印刷

   最も残業時間が長いのは、「35歳~39歳の年収2000万円~3000万円のビジネスパーソン」で、平均月75時間以上であることが、ヴォーカーズの調査でわかった。マイナビニュースが2014年6月25日に報じた。同社が運営するサイト「Vorkers」に投稿された約6万8000件の社員のレポート(2007年~2014年5月)から、「残業時間」を対象にデータを集計した。

   月間の平均残業時間について聞いたところ、最も多かったのは「30時間」で14.5%。次に「40時間」(13.7%)、「20時間」(13.0%)だった。毎月の勤務日数の平均が20日程度と想定すると、1日あたり約1~2時間程度の残業をしていることがわかる。

   年収別の月間平均残業時間をみると、年収「1500万円~2000万円」が最も長く働いており、60時間を超えている。年収「300万円~500万円」は45時間。

   また、年齢別の残業時間を集計したところ、どの年代でも年収が高い人ほど、残業時間が長くなっている。とくに月70時間を超える残業となっているのが、「35歳~39歳で年収1000万円を超えている人」で、最も残業時間が長いのは「35歳~39歳の年収2000万円~3000万円の人」だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中