2018年 8月 19日 (日)

14年春の賃上げ率、15年ぶり2%台 連合が最終まとめ

印刷

   2014年春闘での賃金の平均引き上げ率は、前年比0.36ポイント増の2.07%と、1999年(2.10%)以来15年ぶりに2%を超えた。労働組合の全国組織である連合が7月3日、今年の春季労使交渉で経営側から受けた回答の最終集計をまとめた。

   定期昇給とベースアップを合わせた賃上げ額の平均は5928円(前年比1062円増)で、賃上げ率にすると2.07%。平均引き上げ率を会社の規模別でみると、組合員300人以上の大企業が2.12%(同0.37ポイント増)、300人未満の中小企業1.76%(同0.23ポイント増)で、大企業で相次いだ高水準の回答が中小企業にも一定程度波及し、引き上げ率を押し上げたとみられる。

   ただ、大企業と中小企業との差は、前年より開いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中