14年春の賃上げ率、15年ぶり2%台 連合が最終まとめ

印刷

   2014年春闘での賃金の平均引き上げ率は、前年比0.36ポイント増の2.07%と、1999年(2.10%)以来15年ぶりに2%を超えた。労働組合の全国組織である連合が7月3日、今年の春季労使交渉で経営側から受けた回答の最終集計をまとめた。

   定期昇給とベースアップを合わせた賃上げ額の平均は5928円(前年比1062円増)で、賃上げ率にすると2.07%。平均引き上げ率を会社の規模別でみると、組合員300人以上の大企業が2.12%(同0.37ポイント増)、300人未満の中小企業1.76%(同0.23ポイント増)で、大企業で相次いだ高水準の回答が中小企業にも一定程度波及し、引き上げ率を押し上げたとみられる。

   ただ、大企業と中小企業との差は、前年より開いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中