結婚相手の女性に求める年収はどれくらい? 「自分より多い方がよい」派は何割か

印刷

   結婚相手の男性に求める「最低年収」について、「1000万円以上」と答えた30代未婚女性は「20人に1人」(4.7%)に上った――そんな調査結果をJ-CAST会社ウォッチで紹介したところ(2014年7月11日配信)、コメント欄などに「逆の構図」、男性が結婚相手の女性にどのくらいの年収を求めるのか、について知りたいといった声が寄せられた。ネットアンケートを行ったら、どんな結果が出るのだろうか。

「収入は問わない」30代未婚女性は12.2%

   調査結果は、明治安田生活福祉研究所が7月10日に発表した。30代女性の場合、相手に求める最低年収が「400万円未満」は22.2%、「400万円以上、1000万円未満」でまとめると60.8%を占めた。また、「収入は問わない」は12.2%だった。

   こうした結果を伝えた会社ウォッチ記事「『結婚相手の条件は、年収1000万円以上』 今どき、そんな女性は何%いるのか」では、年収区分を同調査とは変えつつ、男性に求める「最低年収」を尋ねる記事下「1クリック投票」を実施した。すると、コメント欄には「(男性側の)女に対する条件も調べろ」「(男性側の)妻に稼いで欲しい上限も知りたい」といった指摘も集まった。そこで、今回も記事下「1クリック投票」を実施する。

   選択肢は、男性の収入と「同じくらい」、「1.5倍くらい」、「少し低いくらい」、「まったく気にしない」など。果たして結果は?

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中