「童顔の女性」が幸運な理由 心理学者の実験から分かったこと

印刷

   前回のパート5「相手のしぐさで心の裏を読む」に続き、今回はジェイ・キャストのビジネス電子本『心を読んでビジネスに勝つ』のパート6「好印象で相手の心を掴む」の冒頭部分を紹介する。

(第1節)自分の第一印象は?

   ほとんどの人は、自分の魅力が平均よりやや上だと思っている。しかし、他人はそう受け取らないかもしれない。人間は、ちょっとした手がかりから、勝手に第一印象を作り上げるからだ。相手が自分をどう見るかということを知っておくことは重要だ。心理戦でも、相手はあなたの印象に応じた戦略をとってくることは間違いない。

(第2節)童顔の女性の印象

   童顔の女性は、頭がよく、社交性が高く、健康だと思われやすい。心理学者カニングハムの実験で証明されている。童顔の女性は好かれるだけでなく、ポジティブな印象を持たれやすい。また、心理学者ベリーによると、さらに正直者と思われるという。子どもっぽい顔をした女性は、それだけ幸運な目にあえるのだ。

(第3節)太った人の印象

   太った人は、怠け者、おしゃべり好きと思われやすい。太った人は、なんとなく動くのが面倒くさそうな印象を与える。また、心理学者クレッチマーの性格類型によると、太った人は「そううつ気質」に当てはまり、その特徴の1つとして人当たりがよいことが挙げられている。おしゃべり好きはこの辺からきているのだろう。

(第4節)やせた人の印象

   心理学者クレッチマーの性格類型によると、やせた人は「分裂気質」に当たる。どちらかといえば内向的で、自分の世界に閉じこもる傾向が強い特徴を持つ。やせて筋肉があまりなく、ひょろっとした感じの人、たとえば芥川龍之介のような人は、神経質という印象を与える。よくいえばナイーブだが、神経が細かいという印象だ。

(第5節以下、パート6の続きは電子書籍で。次回はパート7)

<J-CAST BOOK電子ビジネス本『心を読んでビジネスに勝つ』2013年Kindle版から>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中