2020年 9月 24日 (木)

好きです。すき家の…「過重労働」調査報告書 「読み応えある」「必読」と注目集める

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   牛丼チェーン「すき家」の過重労働問題に関し、運営会社ゼンショーホールディングス(HD)に対して第三者委員会が提出した調査報告書が注目を集めている。過重労働の実態報告などがまとめられており、ツイッターなどで「読み応えある」「必読」といった声があがっているほか、Q&Aサイトにも報告書提出を受けた感想を求める質問も寄せられた。

   報告書が提出されたのは、2014年7月31日。同日中にゼンショーのサイトで全文が公開され、ネット上で読むことができる。「本文」はPDFで54ページとなかなかの分量だが、「報告書提出」の報道をみて関心を持ったのか、読んだ人も結構いたようだ。

「多忙で2週間家に帰れないという経験をしている者も」

   報告書では、過重労働について、

「当委員会がヒアリングをした社員のうち、店舗勤務経験を有するほとんどの社員が、いわゆる『回転』(店舗において24時間連続で勤務すること)を経験していた」
「中には、恒常的に月500時間以上働いていた者や、すき家店舗における業務が多忙で2週間家に帰れないという経験をしている者も見られた」

などと報告、

「このような過重労働は、多数の社員を過労で倒れさせ、又は鬱病に追い込むなど、社員の生命・身体・精神の健康に深刻な影響を及ぼしていた」

と断じている。

   報告書公表をうけ、翌8月1日にかけてネットでは、

「非常に読み応えがある。(略)48時間遂行し続け戦った一人の男の物語は涙なしには読めない」
「熟読すべし!」
「本当に読みごたえのある資料」

といった反応が寄せられた。

   作家・ジャーナリストの佐々木俊尚さんも8月1日のツイッターで、

「(略)ブラック企業と言われる会社の実態がどのようなものか、すべてが明らかにされている。(略)空前絶後の資料、必読」

と指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
牛丼愛牛丼愛
小野寺 史宜

おい!山田 Sの継承 熱望 穢れた手 定年待合室

by G-Tools
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中