好きです。すき家の…「過重労働」調査報告書 「読み応えある」「必読」と注目集める

印刷

   牛丼チェーン「すき家」の過重労働問題に関し、運営会社ゼンショーホールディングス(HD)に対して第三者委員会が提出した調査報告書が注目を集めている。過重労働の実態報告などがまとめられており、ツイッターなどで「読み応えある」「必読」といった声があがっているほか、Q&Aサイトにも報告書提出を受けた感想を求める質問も寄せられた。

   報告書が提出されたのは、2014年7月31日。同日中にゼンショーのサイトで全文が公開され、ネット上で読むことができる。「本文」はPDFで54ページとなかなかの分量だが、「報告書提出」の報道をみて関心を持ったのか、読んだ人も結構いたようだ。

「多忙で2週間家に帰れないという経験をしている者も」

   報告書では、過重労働について、

「当委員会がヒアリングをした社員のうち、店舗勤務経験を有するほとんどの社員が、いわゆる『回転』(店舗において24時間連続で勤務すること)を経験していた」
「中には、恒常的に月500時間以上働いていた者や、すき家店舗における業務が多忙で2週間家に帰れないという経験をしている者も見られた」

などと報告、

「このような過重労働は、多数の社員を過労で倒れさせ、又は鬱病に追い込むなど、社員の生命・身体・精神の健康に深刻な影響を及ぼしていた」

と断じている。

   報告書公表をうけ、翌8月1日にかけてネットでは、

「非常に読み応えがある。(略)48時間遂行し続け戦った一人の男の物語は涙なしには読めない」
「熟読すべし!」
「本当に読みごたえのある資料」

といった反応が寄せられた。

   作家・ジャーナリストの佐々木俊尚さんも8月1日のツイッターで、

「(略)ブラック企業と言われる会社の実態がどのようなものか、すべてが明らかにされている。(略)空前絶後の資料、必読」

と指摘している。

「こういう企業」は山ほどある?

   また、「Yahoo!知恵袋」(8月1日)には、「すき家の労働問題どう思いますか?」と質問が寄せられた。外食産業の店長経験者だという質問者は、値下げと人件費抑制の関係を指摘し、「今頃になって第三者委員会からの提言を受けて反省なんて遅すぎると思いませんか」などと指摘している。

   これに対し、回答欄には、

「搾取です」
「従業員の環境もキチンと考えろ。(略)経営陣の責任は重いね」

といった、企業側に批判的な意見や、

「一流の店というのは『客が作る』のです」

と、利用者側の意識も問う声、また、

「氷山の一角だろう?」
「こういう労働者側の事を無視した企業は、山ほどあります」

と、問題のすそ野の広さを指摘する人もいた。

   報告書提出をうけ、ゼンショーHDは7月31日、「今後速やかに改善に取り組む」などとするコメントを発表した。すでに、実情に合わせた対応を取り易いよう「地域分社化」などの取り組みを始めている。

牛丼愛牛丼愛
小野寺 史宜

おい!山田 Sの継承 熱望 穢れた手 定年待合室

by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中