2019年 12月 6日 (金)

女子社員は男子より「夏休みを取りにくい!」 気になるのは「上司より同僚の目」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   いよいよ夏休み本番。帰省や旅行などを楽しみにしている人も多いでしょう。ただ、社会人ともなれば、周囲に遠慮して休みづらいケースもあるもの。

   オンラインホテル予約サイト「Hotels.com」が、全国の20代~50代の会社員200人にWebアンケートを実施したところ、「『夏休みが取りにくい』と思ったことがある」男性は38%だったのに対し、女性は54%と約1.4倍の割合でした。なぜ女子社員は、休むことを遠慮してしまうのでしょうか。

「空気を読みすぎ」る女性たち

夏休み!
夏休み!

   Hotels.comが2014年7月24日に発表した調査結果によれば、95%の人が「夏休みはもちろん取るべきもの!」と思っている一方で、49%の女性が「空気を読みすぎて思うように夏休みが取れなかった」経験があると答えています(男性は25%)。さらに、「夏休みを取る際にまわりへ気を使うことはありますか?」と尋ねたところ、女性は74%が「ある」と回答しているのに対し、男性は41%と少数派。なぜこのような差が出るのでしょうか。

   調査では、夏休み取得に「気を使う」と答えた人に、「特に誰に対して気を使うか」尋ねています。最多は「同僚」で54%。次いで「上司」(38%)、「部下」(6%)などとなっています。回答者は20代~50代の男女ですが、女性の方が一般的に職務上の地位が低い(管理職比率が少ない)ことを考えると、「同僚や上司に気を使って夏休みを取りづらい」と感じる女性が多いのかもしれません。一方、男性回答者の中には職務上の地位が高い人が含まれていると仮定すると、「周りの目をそれほど気にせず休める」割合が高くなるのは納得できます。女性たちは横並びの人間関係の中で、空気を読み合って悩んでいるのでしょう。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中