2019年 2月 18日 (月)

大卒の就職率、リーマン・ショック前の水準まで回復

印刷

   2014年春に大学を卒業した学生56万5571人のうち、69.8%の39万4973人が就職したことが、文部科学省の学校基本調査(速報)でわかった。8月7日に発表した。前年度よ1万8980人増、2.5ポイント上昇した。4年連続の改善で、リーマン・ショック前の2008年春の水準(69.9%)まで回復した。

   このうち、正規雇用者は37万2662人(65.9%)で、景気回復の効果とみられる。雇用期間が1年以上で週30~40時間働いている契約社員や派遣社員など「非正規雇用」は、前年度から507人減の2万2275人。大卒者全体に占める割合も0.2ポイント減って3.9%となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中