各地にあるはず「隠れクール商材」 「当たり前」過ぎて見逃している可能性

印刷

   スタジオジブリの製作部門解体が株主総会で正式に発表になったことがニュースで流れるや、「クールジャパンでのアニメ戦略にも影響出るかも」といった声をたくさん耳にしました。それくらい、クールジャパン=アニメのイメージが強いのでしょう。

   そんなクールジャパンを世界に売り込むために出来たクールジャパン機構の取り組みは、アニメ以外にもあるのか?いずれにしてもクールジャパンという言葉をよく耳にするようになりました。

缶コーヒーも「クールジャパン」

コーヒーも一工夫で「クールな商材」に
コーヒーも一工夫で「クールな商材」に

   このテーマを題材に「稼げる人になるヒントを」と考えてみたいと思います。ちなみにクールは「冷たい」ではなく「洗練された、格好いい」という意味。ゲーム・アニメ・食文化や伝統的な日本文化まで対象で、日本政府(経産省)による文化産業の海外進出を推進する政策。本来であればアニメはワンオブゼム(そのうちの1つ)に過ぎません。アニメだけでなく国内に埋もれている、グローバル的に価値ある商材があると認識しているからなのです。参考に、クールジャパンは英国(ブレア政権時代)で推し進められた「クール・ブリタニア」を模倣した政策。成果について、諸説ありますが「伝統の国」から「伝統とモダンが溶け合う国」へのイメージチェンジに寄与したと評価されています。

   さて、みなさんの周辺にはクールジャパンで世界に売り込みたい商材はありますか?「ないですね」と回答する前に再度、探してみましょう。外国人なら驚嘆するような商材は、周囲で「当たり前過ぎる存在」で見逃している可能性があります。

   例えば、缶コーヒー。世界では、これくらい細分化された味わいで、風味が損なわれていない商品は日本以外に存在しません。また、缶に描かれたデザインも「素敵」と好評で、外国人旅行者に試飲いただいたところ「感動した」との声が返ってきました。缶コーヒーもクールな商材と言えるのです。一工夫すれば、外国人旅行者だけでなく国内外で高い指示を受けるクールなお菓子に変貌されることができるかもしれません。

日本酒、お土産用の菓子、工芸品…

   こうした「隠れクール商材」は各地にたくさんあるのでしょう。日本酒、お土産用の菓子、工芸品。一工夫すれば、もっと売れる商品に変貌するのにと感じている商材がないか?目を凝らして探してみましょう。きっと、1つや2つはあるはずです。そんな、隠れクール商材をみつけたら、チャンスです。仕掛けませんか?

   例えば、先ほどのお菓子。製造会社と社外人脈が連携して仕掛けるのです。商品のネーミングや包装のデザイン、新たな販売方法など、三人寄れば文殊の知恵…と言いますが、アイディアが幾つも出てくるはず。当方が取材した別の和菓子店は地元の経営者たちにアドバイスを求めて、東京の百貨店で大人気の商品を開発。隠れクール商材をもっている会社が気付いてくれればいいのですが、気づいていない可能性があります。あえて、外部から「一緒にクールな商品に変貌させてみませんか?」と声をかけることで、きっかけが生まれます。皆様の地元で隠れクール商材を探してみてください。(高城幸司)

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。「高城幸司の社長ブログ」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中