2019年 5月 23日 (木)

「越境・ノマド婚活」で大勝利 ウェブデザイナー女子の勝因とは

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「若い男女が結婚しなくなっている」要因のひとつに、多くの女性が未だに男性の「収入」を実は重視していることが挙げられそうです。そんな「条件」は、年収だけではありません。夫の年収は600万円以上、自分は自己実現的な仕事をして、新居は今住んでいるところからそう遠くない場所で、夫の実家とは距離を置いて……など、いくつもの「条件」を挙げる女性も多いのですが、現実にはそこまで沢山の条件を満たす男性なんて、そうそういるものではありません。

   そんな中、思い切って「条件」を絞り、婚活を成功させた女子がいます。フリーのウェブデザイナー、明子さん(30歳、仮名)が実践したのは、どこでも仕事ができることを売りにした「越境・ノマド婚活」でした。

地元にこだわっていては、結婚相手は見つからない…

越境先にあるのは…
越境先にあるのは…

   明子さんは、九州の地方都市生まれ。地元の短大を出た後は、ごく普通のOLとして働いていました。が、もともと好きだったデザインの仕事を諦めきれず、ウェブデザインの専門学校へ。卒業後はフリーペーパーを発行する会社に就職しましたが、激務のために退職し、フリーランスになりました。

   ただ、明子さんには「人脈」がなく、なかなか仕事が受注できません。地元の同級生がどんどん結婚していくのを見ると、「私も結婚して安定したい」との思いが膨れ上がってきました。でも、デザインの仕事は続けたい。とりあえず地元の婚活パーティーに参加しましたが、男性たちの年齢は一回りも上で、話が合いません。回数を重ねるうちにメンバーも似通ってきて、微妙なムードに……。

   地元にこだわっていては、結婚相手は見つからない。そう考えた彼女は「越境・ノマド婚活」に打って出ます。大手婚活サイトに登録し、相手の居住エリアは「全国」、年収は「こだわらない」に設定。親との同居もOKとしました。とにかく「結婚して仕事も続ける」ことを目標に、全国区で結婚相手を探すことにしたのです。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中