2019年 12月 15日 (日)

「越境・ノマド婚活」で大勝利 ウェブデザイナー女子の勝因とは

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

800キロ離れた相手と結婚して「生まれ変わる」

   専業主婦になりたいとは思わない。ただ、自分の仕事を理解し、一緒に助け合える相手を求めた明子さん。婚活サイトを通して出会い、メール交換で「相性が合うな」と感じたのは、なんと800キロも離れた岐阜県の会社員男性でした。

   「岐阜県か…遠いなぁ」と思ったものの、観光も兼ねて一度、出掛けてみた明子さん。そこで彼と対面し、2~3回のデートを重ねて結婚に至ったのでした。親や友人もびっくりの「越境・ノマド婚活」でしたが、「とにかく自分を理解してくれる相手と結婚する」ために、相手がどこに住んでいようが関係ないと腹をくくったのですね。ウェブデザインの仕事は、クラウドソーシングで受注することにしました。明子さんの月収は10万円未満で、彼の収入も多くはありませんが、彼の親と同居して生活費を抑えています。

   女性にとっての結婚は「生まれ変わり」であると述べたのは、社会学者の山田昌弘氏(『結婚の社会学』、1996、丸善ライブラリー)。多くの女性にとって、結婚とは新しい人生を切り開くチャンスだと考えられているのです。ただ、「上昇婚」を果たして「生まれ変わりたい」と願うあまり、高度な条件を求めて結婚できない女性も増えています。

   ウェブデザイナーという仕事の特性を活かし、「相手は全国区」「親との同居も可」「年収にはこだわらない」と、大幅に条件をゆるめて結婚した明子さん。妥協しつつも、「自分の仕事を理解してくれる相手」という条件だけは譲らなかったので、とても満足そうです。彼女を見ていると、「本気で結婚したい人は、どんな手段を使っても結婚していくのだなぁ」と思うのでした。(北条かや)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中