女性管理職の割合、企業の8割が10%未満

印刷

   管理職(課長職以上)に占める女性の割合が10%未満の企業が81.1%にのぼることが、企業調査の帝国データバンクの調べでわかった。2014年8月14日、発表した。今後、女性管理職の割合が高まると見込んでいる企業も20.9%にとどまっている。

   企業規模が大きくなるほど、転勤などの問題で仕事と家庭の両立がむずかしくなり、キャリアアップを目指す女性のハンディが大きくなる傾向がみられる。

   業種別では、貴金属販売などの「その他小売り」(46%)、繊維・服飾品小売り(37.4%)、旅館・ホテル業(16.2%)など、お客に女性が多い小売業やサービス関連業で女性管理職の割合が高かった。

   役員に占める女性の割合は8.4%。管理職同様、企業規模が大きくなるほど女性役員の比率は低く、管理職段階での登用率の差がそのまま役員構成にも反映されている。

   調査は7月下旬に行い、全国の1万1017社が回答した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中