賃上げした中小企業は65% 経産省調査

印刷

   経済産業省が中小企業・小規模事業者の雇用状況に関する調査を行ったところ、2014年度にベースアップや賞与・一時金の増額など何らかの賃上げを行った企業は全体の64.5%だったと14年8月15日に発表した。

   この調査は、14年6月に3 万の中小企業・小規模事業者社に調査票を送り回答のあった1万380 社のものを集計した。賃上げの理由(複数回答)は、従業員の定着・確保と回答した企業が76%と最も多く、次いで業績回復の還元が29%だった。賃上げをした企業は全国的に増加し、地域間の格差も少なくなっていることから「地方へ経済の好循環が着実に波及しつつある」と経産省では見ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中