商店街への活性化補助金はムダだったのか 過去の施策の限界を指摘、新たな提言

印刷

   阪急コミュニケーションズ書籍編集部が今日(2014年8月20日)つぶやいている本は、『なぜ繁栄している商店街は1%しかないのか』。「これが実態」だとして、「活性化事例のほとんどがウソか誇張」「『まちづくり』では商店街は再生できない」など、刺激的な指摘も登場。「元気のある街の共通点」も探っている。

(以下引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
阪急コミュニケーションズ書籍編集部‏@hancom_books
【商店街再生】長年さまざまな活性化事業が行われてきたにもかかわらず、繁栄している商店街が全国の1%しかないのはなぜか。元コンサルタントが本音で語る、活性化施策の限界と新たな提言。『なぜ繁栄している商店街は1%しかないのか』辻井啓作
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会社ウォッチ編集部からは、次のように「お邪魔します」(「返信」しました)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「本音」の分析に迫力を感じます@Wkaisha
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中