2018年 8月 19日 (日)

ゼンショー社長、「蟹工船」報道に反論 「無理にこき使っているわけではない」

印刷

   2014年3月以降、牛丼チェーンの「すき家」でアルバイトの退職が相次ぎ、閉店や営業時間の短縮を余儀なくされたゼンショーホールディングス(HD)の小川賢太郎社長が、「日経ビジネス」(9月1日号)の取材に応じ、「(第三者委員会が指摘した)労働問題は認識していたが、自分で解決できず悔しい」と語った。

   インタビューでは、従業員が一人で仕事をこなす「ワンオペ」や、労働問題が拡大していったことなどについて自己分析している。

   第三者委員会で明らかになった過重労働の実態に、「社内調査はしてきたが、報告書のように集約された形では把握できていなかった。事故報告書は上がってくるが、すき家の2000店、24時間365日、3万人が日々どういう働き方をしているのかを、掌握し切れなかった」と話している。

   また、「すき家を『蟹工船』とか言っているメディアもあるが、無理にこき使っているわけではない」と、釈明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中