総合職は入社4年目で「別の部署」へ 日本ガイシが新人事制度

印刷

   日本ガイシ(名古屋市)は大学・大学院卒の総合職を対象に、入社4年目で原則全員別の部署に異動させる人事制度をスタートする。

   4年目を迎えるまでに異動していない人、海外赴任が内定していない社員が対象で、まず2011年・12年春入社の90人を15年春までに20~30人異動させ、その後も順次異動させていく。11年春以前入社の社員は対象外となる。

    14年9月8日、同制度について同社広報室にきくと、複数の業務を担当させることで社員のスキルを向上させるのが主な目的で、複数の上司の目から人材を見極め、優秀な人材の早期発見や今後の教育方針の参考にするのもねらいの1つだ、と説明した。4年目に一斉に異動させるというわけではなく、4年目の社員を対象に異動の準備を進め、部署の都合などで5~6年目に異動となる可能性もあるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中