「スタッフレベルの仕事でOK!」の人を待つ悲惨 仕事はどんどん奪われていく

印刷

   先日、JACリクルートメント COO 蒲原隆さんのお話を伺ったときに、非常に心に残る言葉がありました。

「何事も他責にせず、現有の状況の中で最善を尽くす」

    ビジネスは完全な状況などありえない。ないものは自分で作らなくてはならない――

    です。

   これは、グローバルマネージャを目指す若手ビジネスパーソンに向けられた言葉であり、外資系、日系、海外でいろいろな方々と仕事をしてきた私としても、非常に納得がいく言葉でした。

大切なのは主体性

そのエスカレーターは上り?下り?
そのエスカレーターは上り?下り?

   大切なのは主体性で、「人からやれと言われたことをやる」のか「自分で問題を解決する」のかの意識の違いが、後々大きな違いになるわけです。社員に対して「経営者意識を持て」というのと本質は同じです。

   このような話に対して「社員は社長じゃないんだから、経営者意識なんて求めてもしょうがない」という意見もでてきます。これは、一面正しいです。人に言われたことだけをやるだけのスタッフは当然世界中にたくさんいます。その様な人たちは当然経営者意識なんて全く必要ありません。

   ただ、問題は、「自分で問題を解決する」意識のない人は、永遠にスタッフレベルの仕事しか任されないことです。「役員になったら、経営者意識を持つ」といっているだけの人は、おそらく永遠に役員になることはありません。なぜなら、会社は「役員ができる人」を役員として抜擢するからです。平社員のうちから役員的な仕事ができると周囲に認められることによって上に上がることができるからです。

自分の置かれた環境でベストを尽くすしかない

   そして、一生スタッフレベルでOK!という人にはもう一つ問題があります。それは、日本国内でスタッフレベルの仕事をしている人の給料はこれからかなりの高確率で下がっていくことです。途上国の労働者や機械ができる仕事はどんどん奪われて賃金が下がっていることは本連載でも何度も指摘しているとおりです。

   さらに、高齢化により税金や社会保障の額も上がるので、生活レベルはどんどん下がっていきます。昨日と同じ仕事をしていたら貧しくなっていくのが21世紀の日本。さあ、どうしますか?という問題なわけです。

   このような現実をみるにつけ「昨日と同じ事をしているだけで給料が上がっていく、高度成長期に生きている人たちはうらやましいなあ」と思うわけですが、とはいえ、20世紀の日本の中流家庭よりも2014年のカンボジアの中流家庭に生まれたかったかというと、教育レベルや医療レベルを考えると、日本に生まれてラッキーと思ってしまいます。

   結局の所、自分の置かれた環境でベストを尽くすしかないわけで、元々高いところから始まる下りエスカレーターに乗っている我々は、このアドバイスの通り、全力疾走で登っていくのがいいんじゃないかと思うわけです。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中