2018年 8月 16日 (木)

求職ママ応援、大阪府が「保育ルーム」をオープン

印刷

   子育てしながら求職中の女性を支援しようと、大阪府は、新たに求職活動中の女性の子どもを無料で預かる「保育ルーム」を、2014年9月にオープンした。場所は、就職や育児と仕事の両立などをアドバイスしている府立労働センター(エル・おおさか、大阪市中央区)内の「OSAKAしごとフィールド」。母親が安心して仕事探しができる環境を整えるのが目的。

   保育ルームは約100平方メートル。保育士が常駐し、施設でのセミナーの受講中だけでなく、面接などで企業に出向いているあいだも子どもを受け入れる。

   保育ルームの受け入れ時間は平日9時~18時。生後6か月~未就学児が対象で、予約が必要。夜間、土曜日は要相談。日曜・祝日は休み。

   大阪府の女性の就業率は全国ワースト3。総務省の2012年の調査によると、大阪府の20~59歳の女性の就業率は66.1%。全国平均の70%を下回り、兵庫、奈良に次いで低い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中