2019年 9月 21日 (土)

就活「後ろ倒し」の虚々実々 本当の「選考開始」をズバリ予想

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「学内説明会」ラッシュも選考時期に影響

   それから「大学疲れ」とは、大学主催の学内合同説明会、学内企業セミナーの開催時期によるものです。

   就活後ろ倒しによって、就職情報会社の合同説明会は3年生3月1日から一斉に開催されます。

   一方、各大学の学内合同説明会、学内企業セミナーも同じく、3月からよーいどんで開催されます。どの大学も焦っているので各企業に対して「うちには早めに出てくれ」と依頼します。

   例年も、12月に合同説明会と学内合同説明会が重複します。が、合同説明会が第1週、学内合同説明会は第2週以降、または1月、となんとなくすみわけができていました。

   それが今度は学内企業セミナーも含め3月上旬から中旬に集中します。と言って学内合同説明会、学内企業セミナーに出ないとその企業は大学との関係が悪化しかねません。

   そこで、できる限り大学の行事に出席していき、それから企業内での会社説明会をやってから選考、となると5月がちょうどいい落としどころ、となるわけです。

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中