「米輸出国カンボジアへ米を送る」は美談か

印刷

   先日、ある小学校が学校のそばにある田んぼで育てたお米をカンボジアに送るという心温まる記事を読みました。

   「飢餓に苦しむカンボジアの人々に食べてもらおう」という心は温かいのですが、小学校という教育の場でこれをやってしまうのはどうかということも同時に考えてしまいます。

   この小学校の教育で一番足りないのはリサーチです。

   Googleでちょっと検索するだけで、カンボジアに米を送ることが無意味であることはわかります。

過去の印象に囚われず、現在の実態にあった行動をすること

東南アジア各国では現地産の日本米も売っています。値段も日本より安くて、普通に美味しい!
東南アジア各国では現地産の日本米も売っています。値段も日本より安くて、普通に美味しい!

   そもそも、カンボジアは国民の8割が農民だと言われている農業国であり、穀物自給率は100%を超えています。ちなみに、日本は28%(飼料用含む。重量ベース)です。(農林水産省HP 食糧自給率の部屋 より)

   米(精米)に限定すると、生産量は2014年の段階で日本が770万トン、カンボジアが490万トン。人口は日本1億2000万人に対し、カンボジアは1500万人ですので、国民一人当たりの米の生産量は5倍近くになります。また、2010年より国策として米の輸出に力を入れており、2012年の段階で90万トン。世界で9番目の米の輸出国となっています。(Grain: World Markets and Trade | USDA より)

   この記事で、この小学生達の「米を貧しい国に送りたい」という気持ちを批判する気はありません。ただ、この企画を続けている学校の教育体制には問題があると思います。

   カンボジアは実際二十数年前は世界最貧国のひとつであり援助も必要だったのでしょう。ポルポトの虐殺や、地雷を踏んだらサヨウナラの印象はいまだに色濃く残っています。しかし、これからこの世界を生きていく人にとって大切なのは、こういった過去の印象に囚われず、現在の状況を知り、現在の実態にあった行動をすることです。

「今までは貧しい国だと言われていたカンボジアですが、本当はどうなのでしょう?みんなで調べてみよう!」

   私がネットで30分調べただけでこれだけのデータが出てきます。この小学校の教育で必要な事は「今までは貧しい国だと言われていたカンボジアですが、本当はどうなのでしょう?みんなで調べてみよう!」と言って、先生と一緒にネットで調べてみることではないでしょうか?

   日々様相が変わっていくこの世界で、「去年もやっていたから、今年もやる」といった前例至上主義を叩き込まれた子供達は、変化に対応できず、自身のキャリアを積み重ねることができない可能性が高いです。

   先生達は「貧しい国の人たちを救いたい」という子供達の気持ちをきちんと有効に活かすことができるよう、情報の探し方やアジアの現状などを教育してくれたらなと思います。

   ちなみに、この小学生達が作ったお米は、日本国内の貧しい人に市価の半額くらいで売ってあげて、その収益金をカンボジアの貧しい人たちに寄附するのが一番効率的な使い方だと思います。モノを輸送するのにはお金も資源も消費しますが、お金を輸送するのはほとんどコストがかかりませんので(農協に怒られそうですが)。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中