「たかの友梨」社長が謝罪、と発表 労組は反論「その場に組合員はいなかった」

印刷

   エステサロン大手「たかの友梨ビューティクリニック」を運営する「不二ビューティ」(東京)は、残業代未払いにまつわる「威圧発言」問題について、仙台店において高野友梨社長が「組合員・従業員に向けて謝罪いたしました」と発表した。2014年10月4日、同社サイトに待遇改善策を含め掲載した。

    一方、残業代未払いを労働基準監督署に通報した女性従業員が加盟する労組「エステ・ユニオン」は翌5日、反論コメントをサイト上に公表。高野社長が従業員への「謝罪を行ったとされる場」に、被害者である組合員や不当労働行為を受けた「当組合の組合員は一人もいなかった」としている。同社の発表コメントについて、「被害者である組合員が出席したかのように発表していますが、こうした記述は事実に反しています」と指摘している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中