正社員のベースアップ、年額換算したらアップはいくら? 内閣府試算

印刷

   内閣府が2014年7月の毎月勤労統計を基に、春季労使交渉で実現したベースアップを試算したところ、正社員の年収を平均2万円弱押し上げたことがわかった。基本給を示す所定内給与は、特殊要因を除き前年に比べて0.4%程度増えた。ベースアップを実施すると残業代やボーナスが増える効果もある。1人あたり月額約40万円だった2013年度の現金給与総額に0.4%を掛け合わせ年額に換算した。

   ただ、企業の業績好転によって賃金もアップしたが、物価の上昇が続いており購買力の拡大にはつながっていない。9月19日、内閣府サイトの「マンスリー・トピックス」で公表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中