2019年 10月 17日 (木)

「自己保身モンスター」上司の冷たい一言

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   前回に続き、「正論モンスター」について取り上げる。正論モンスターは、「社内」にもいる。社内での正論モンスターは業務上の関係から離れられないことから、なおさら厄介だ。

   上司が部下をいじめることも、裏を返せば自分自身が抱えているストレスを発散していることが多い。ところが、それを本人も自覚していない。もちろん、自分の地位を脅かしかねない有能な部下を追い落とすなど、明確な目的をもっているケースもあるが、その場合でも「組織内の秩序」や「組織への忠誠心」を大義名分に、自分を正当化していることが多い。

無理難題を押しつける

今さら、そんなこと言われましても・・・
今さら、そんなこと言われましても・・・

   企業に金銭の補償を求めるクレーマーにも、はじめから狙いをつけて用意周到な計画を立てる「プロ級」がいる一方で、「あわよくば、少しでもせしめよう」と、場当たり的に脅迫めいたことをする者もいる。

   また、正論モンスターに疑問点やつじつまの合わない点を質問しても、まともな答えが返ってくることは極めて少ない。むしろ、正論に屁理屈をこね合わせて、相手を丸め込もうとすることが多い。それは、金品を狙った悪質クレーマーに限ったことではない。

   たとえば、こんなケース。無理難題を押しつけるモンスター上司に、部下が異議を唱えた。

「課長、この販売計画をそのまま実行するのは難しいと思います。担当するメンバーが少なく、時間的に準備が間に合いそうにありません」
「すでに部長会議で決まったことだ。とにかくやってくれ」

   上司は、部下の意見に耳を貸そうともしない。部下は意を決して進言する。

「こんどの新商品には社運がかかっているとうかがっております。それだけに、万全の態勢で臨みたいと思います。ついては、日程を再検討するか、人員を増やしていただけないでしょうか?」

   ここで、上司は横目でチラッと部下を見る。一瞬、考え込むような素振りを見せるが、冷たい口調で言い放つ。

「社運を賭けた商品を任されているんだよ。もう少し、ガッツを見せてくれないかなぁ。キミだって、この商品をお客様に早く届けたいと思うだろう」

   管理責任が問われることを恐れる上司は、是が非でも計画どおりに事を進めたい。その結果がどうであれ、それはそのとき考えればいいという了見だ。そこには、愛社精神とはほど遠い、自己保身があるだけである。

   詐欺師がカマシとスカシの名人なら、モンスター上司は本音と建前を使い分ける達人である。

援川 聡(えんかわ・さとる)
1956年生まれ。大阪府警OB。元刑事の経験を生かし、多くのトラブルや悪質クレームを解決してきたプロの「特命担当」。2002年、企業などのトラブル管理・解決を支援するエンゴシステムを設立、代表取締役に就任。著書に『理不尽な人に克つ方法』(小学館)、『現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書』(ダイヤモンド社)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中