2019年 12月 7日 (土)

内定学生さまに「300万円の車」プレゼント 「お好きな牛をどうぞ」の会社も

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

選考・説明会参加だけで交通費・宿泊費支給

   内定者に対して車だの牛だのをプレゼントするくらいですから、選考参加学生もいい思いをしていました。

   何しろ、選考はもちろんのこと、説明会でも参加すれば交通費が支給され、地方出身者には宿泊費まで支給されていたのです。

   『就職ジャーナル』1990年12月号の夏目房之介さんコラム「社会の窓 90就職戦線」には、首都圏の学生(明治大?)とおぼしき学生の例が出ています。本命だったスーパーの本社にはセミナー、面接2回、誓約書提出の4回訪問。もらった交通費は合計3万5000円。それに誓約書提出後、「若手社員が赤坂のクラブに連れていってくれた」。

   しかも、本命企業以外にもセミナーにちょこちょこ出ていたらしく、「交通費などの収入は計約15万円」。セミナー・選考を何社か掛け持ちで出ていれば、それくらいは浮くでしょう。そして地方学生に対してはホテルを用意する社、宿泊費を支給する社も相当数ありました。中には往復の交通費も。30万円どころか50万円以上、「儲かった」学生がいても不思議ではなかったのです。

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中