2019年 12月 14日 (土)

職場で当日、ハロウィン仮装が強制 「ノリノリで魔女になる」or「何着ればイイの?」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   10月31日のハロウィンに合わせて、「社内パーティー」を開催する企業が増えている。中には、「会社で仮装」を奨励するケースもあり、「一体、何を着ればいいのか」悩む人もいるようだ。

社員の一体感を高めるため、パーティーを開催

今日の出勤は、ほうきで・・・
今日の出勤は、ほうきで・・・

   転職求人サイトのリブセンス(本社・東京)では、昨(2013)年のハロウィンに合わせ、「Livesense Halloween Party!」と銘打ったイベントを開催した。社内の壁や天井には、カボチャやクモの巣を模した装飾がなされ、「仮装」しながら業務をする社員もいたようだ。魔女の帽子をかぶったり、リボンをつけたり。中には、顔全体を覆うマスクをつけて、「もはや誰だかわからない」エンジニアもいた。

   業務終了後には、社員の家族も招待し、パーティーを開催。参加した社員からは、「普段、あまり話したことのない方ともたくさん話せて楽しかった」「感動した」などの声が寄せられたという。

   Webシステム開発などを手がける、キャスレーコンサルティング(本社・東京)も、昨年、社内ハロウィンパーティーを開いた。パーティーの冒頭には、社長が「ドラキュラ」姿で挨拶。社員の中には、人気漫画「デスノート」の登場人物や、加トちゃんに扮する人もいれば、赤ずきんちゃん、カンガルーなどの「全身仮装」をする女子もおり、かなり盛り上がったようだ。

   ベンチャー企業が、ハロウィンイベントを開催する背景には、社員の一体感を高めたいとの意図もある。リブセンスでは、「従業員が着々と増え、全員が集まる機会がなくなってきている」ことから、社内の有志が、実行委員を結成。イベントは、「業務以外で仲間を深く知るいい機会」になったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中