2019年 12月 16日 (月)

「会社の電話取るのは新人」は、古い常識? 共用受話器に「生理的拒否感」もつ若者も

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   新入社員に、電話対応を任せる会社は少なくない。お客様や、他部署からの電話にしどろもどろになり、苦労した人もいるだろう。「新人が電話を取るのは当たり前」、そんな風潮に、疑問を呈する人もいる。

新人に「雑用」を押し付ける風潮

電話、鳴ってるよ
電話、鳴ってるよ

   Q&Aサイト、「教えて!goo」には、「『代表電話は新人がとるもの』という風潮がありますが」という投稿があった(2013年2月8日)。投稿者は、「新人は会社の事をよく知らないし、電話を出たところで引き継ぐしかなく、時間の無駄になるため、新人は電話に出ない方が良いと思う」と主張する。

   確かに、すべての電話に新人が対応していると、非効率なこともある。先輩や上司に「引き継ぐだけ」では、本来、覚えるべき業務がおろそかになってしまうかもしれない。

   回答者からは、「私が入社した25年前はそうでした。電話に出て、要件を聴いて、それなりに転送するのは結構、手間なんですよね。今は時代が変わり、新人に電話は取らせません。あなたの言うように、新人は会社の事よく知らないし、可哀そうなどという空気があります」と、一定の理解を示す声も寄せられた。また、「面倒で金稼ぎに直結しないイメージの強い雑用は新人に押し付ける、という空気がある」と、「電話の取次ぎ=新人の雑用」とハッキリ言う人もいる。

   一方、多くの回答者は、「新人が電話に出るのは、トレーニングの一環」との考えだ。「電話の取次ぎをやっていれば、日ごろどんな相手と関わりがあり、職場の誰がどんな仕事をしているのかが大まかに見えてきます。会社のことをよくわかっていない新人だからこそ、積極的に電話をとって会社のことを理解する手段のひとつとするべきです」という意見がほとんどを占めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中