2019年 10月 17日 (木)

安倍政権はキャバクラに学ぶべし!? 女性活用と「女尊男卑」の効用

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   常連客がカウンター席に集まる行きつけの飲み屋に顔を出すと、顔見知りで私の同業と聞いているGさん中心に会話がはずんでいる様子。この日の話題は、安倍政権が単に女性管理者の目標人数などを大企業や官庁に義務づけしようとしている女性活躍戦略のようです。

   話の流れで、実は以前キャバクラの雇われ店長をやっていたことがあるとカミングアウトしたGさん、カウンター席のお歴々に自身の経験から女性活躍の場づくりのコツを披露していました。

「女性スタッフが気持ちよく働く気になってくれるか」が最優先

女性の活躍を本当に推進するには・・・
女性の活躍を本当に推進するには・・・
「お分かりとは思いますが、大企業でも官庁でも根底にある男尊女卑の考え方が変わらぬ限り、女性に活躍の場をと言いながらも女性管理者の人数目標なんて所詮は数合わせ。どうしたら女性が活躍できるかと本気で考えてなんかいないんだから、大企業や官庁ではあまり実りのあるものになるとは思えないですね。でもキャバクラはそうはいかない。女性に活躍してもらわなければ、我々が食べていけない世界なんですから」

   Gさんによれば、職場としてのキャバクラは徹底的な『女尊男卑』とか。男性店長はじめ、通称「黒服」と呼ばれる男性スタッフたちは皆、いかに女性スタッフが気持ちよく前向きに働く気になってくれるかを最優先して働いているのだと。店長にも「黒服」にも、「女性ががんばってくれなければ、困る」という危機感があるからこそ『女尊男卑』になるのだそうで、この危機感なくして古くから男尊女卑が根付いている日本で女性活用などできっこない、とまで断言しています。

   この話をカウンター席私の並びで聞いていた同じく常連の自称会社経営Nさんが、口を挟みました。

「キャバクラは、女性が働いてくれなければビジネスそのものが成り立たたないからGさんの理論が成り立つけど、我々しがない商社じゃ無理、無理。女性抜きでも何も困らないし、扱いの難しい女性を育てるより、男性を育てた方が早いって思っちゃうからね」

   酒の勢いもあってか、すかさずGさんが応酬します。

「Nさん、そりゃもったいない。中小企業は男性の良い人材をみんな大企業に取られちゃっているんだから、大企業がそっぽを向く優秀な女性の活躍に力を入れた方が、会社の人材のレベルが断然上がると思いますよ。僕はキャバクラ店長の経験を活かして知り合いの会社の女性活用もお手伝いしているけど、やっていて思うのはサービス業とか営業とかはその気になれば絶対に女性の方が力を発揮するということです」
大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中