2021年 4月 21日 (水)

「カタカナ語連発」はムカつく?格好いい? 「じゃ、リスケに」が許せない人も

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

カタカナ語で、「俺デキる男アピール」

   アジェンダ、エビデンス、バジェット・・・などの外来語が多用される現状に、イラつく人はかなり多いそうだ。

   gooランキングの結果に対して、ツイッターでは、

「いるいる。やたらカタカナ語を使って悦に入るヤツ・・・」
「たいして英語できない人に限って、かっこつけ&勘違いなカタカナ語を使いがちだよね」

といった反応が寄せられていた。

   また、まとめサイト「ガールズちゃんねる」では、

「カンファレンスとか、ふつーに会議でいいやろ」
「リスケ(リスケジュール)がイヤ。じゃあ日を改めます、でよくない?」

など、不満の意見で盛り上がった。

   多くの場合、カタカナ語そのものより、「横文字を連発する人の『俺デキる男アピール』が苦手」という書き込みのように、使う人の「自意識」が鼻につくようだ。格好いいからといって使いすぎると、「ベネフェット」を得られないどころか、「マジョリティー」から冷たい「レスポンス」が返って、いや「リターン」してくるかもしれない。(KH)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中