2020年 12月 5日 (土)

ガウディもびっくり!? 「サグラダ・ファミリア」の内側を楽しむ秘策

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   スペイン・バルセロナ観光の最大の目玉といえば、「サグラダ・ファミリア」。バルセロナが誇る天才建築家、ガウディが生涯を捧げた最高傑作にして未完成の聖堂である。現在も建設が続いており、彼の没後100周年にあたる2026年の完成を目指している。

   サグラダ・ファミリアといえば、建物外側のファザード(正面と側面のこと)があまりにも有名。キリストの苦しみを表現した受難のファザード、キリストの誕生から幼少期までを彫刻で表現した生誕のファザードは、訪れた観光客たちを出迎え、圧巻する。

水平360度、垂直180度に自由自在

生誕のファザード
生誕のファザード

   一方でその内部の様子は、それほど知られていないかもしれない。しかし、日本にいながらにして、その「内部」を見ることができる。サグラダ・ファミリアのウェブサイトで詳しく紹介しているのだ。しかも、ただ単に写真並べられているだけではなく、少し変わった方法で――

   日本語訳されたサイト(スペイン語と英語表記がメインのため訳文に違和感をあるところも)の左部にあるメニューで「バーチャルツアー」を選択すると、建物内部の画像が表示される。マウスのクリック&ドラッグ操作で、水平方向に360度、垂直方向にも180度、ぐりぐりと動かして見ることができる。

   特に天井部のステンドグラスや床面のタイルはなかなか見ることのできない美しい光景。これを実現しているのはおそらく、撮影者を取り囲む全方位の景色を一度に撮影することができる「全天球カメラ」で、最近では光学機器などを扱うリコーが新製品を発売して話題になっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中