2019年 3月 23日 (土)

育児に理解ある上司「イクボス」 堺市長が宣言、民間でも増えていく?

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   大阪府堺市の竹山修身市長が2014年11月17日、「イクボス宣言」を行った。同市によると、自治体首長として初の宣言。「イクボス」は職員の育児参加を理解し、後押しする上司のこと。首長自らがイクボスとなることで市内にイクボスを増やし、子育てしやすい環境づくりを目指す。

   堺市の男性職員の育児休業取得率は、2011年度が7.1%、12年度が4.9%、13年度が3.9%と低下傾向にある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中