2020年 7月 12日 (日)

「就活での珍質問」へのベストな回答は?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「2016年春」卒業予定の学生を対象とした会社説明会の解禁は、従来の「3年生の12月」から、新ルールで翌年3月に繰り下げられたが、ルールに拘束されない会社の存在も含め、そろそろ就活が気になる学生が増えてくる時期だろう。そこで今後、就活ネタを増やそうと思う。それにしても、就活ほど世間のビジネス活動とかけ離れたことが行われている現場は、そうそうないのではないかと思ってしまう。

   たとえば、珍質問。

「自分を電化製品にたとえるなら何ですか?」
「ジャンプ、サンデー、マガジン。少年マンガで好きなのはどれ?」

   本当にこんな質問をするのか?都市伝説ではないか?とおもって、私の周りの人に聞いたが、ほとんどが外資系なので、そんな質問はされないという答が帰ってきた。

相手の意図を「ちゃんと確認しろ」というのが鉄則

この質問、どういう意図?
この質問、どういう意図?

   そこで、じゃあ、この質問に対する、ベストな切り返しは何か?ということになったのだが、こういうのが一番いいのではないか、ということになった。

「恐縮ですが、質問の内容が理解できかねます。ご質問には的確にお応えしたいので、ご質問の背景と意図をもう一度説明いただけないでしょうか?」

   ビジネスの場では、相手の言っていることが分からないこともよくある。そういう場合は、ちゃんと確認しろというのが鉄則だ。勝手に相手の意図をくんで、大喜利みたいなことをしたら、コミュニケーションミスが発生する。あとで困るのは自分だ。

   さて、面接の場でこのような切り返しをされたら、面接官は絶句するだろうか?真の意図はどこにあるのか?

大石哲之(おおいし・てつゆき)
作家、コンサルタント。1975年東京生まれ、慶応大学卒業後、アクセンチュアを経てネットベンチャーの創業後、現職。株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役、日本デジタルマネー協会理事、ほか複数の事業に関わる。作家として「コンサル一年目に学ぶこと」「ノマド化する時代」など、著書多数。ビジネス基礎分野のほか、グローバル化と個人の関係や、デジタルマネーと社会改革などの分野で論説を書いている。ベトナム在住。ブログ「大石哲之のノマド研究所」。ツイッター @tyk97
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中