2020年 11月 25日 (水)

アプリ「WhatsApp」が有料の理由とは

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「WhatsApp(ワッツアップ)」というアプリをご存知だろうか。日本ではシェア10%以下とLINEに大きく遅れを取っているが、世界ではアクティブユーザー数が5億人、そのうち70%が毎日利用していて、毎日100万人単位でユーザーが増えているといわれる世界最大のメッセージングアプリである。

   機能は、LINEよりもシンプル。無料でテキストや写真、動画、音声を送信することはできるが、通話機能はない。スマホのアドレス帳に登録された電話番号をアカウントに利用するため、ユーザーがお互いの電話番号を知っていればWhatsAppでつながることができる。

1年目は無料。利用料発生は2年目以降

「WhatsApp」サイト
「WhatsApp」サイト

   世界で1日に送信されるメッセージは160億件、送受信される画像は5億件にのぼると報じられている。ちなみに、相手とチャットする画面の背景を自分の好きな画像に変更できるなど、カスタマイズができるのもユーザーにうけているようだ。

   2014年2月19日にはFacebookが160億ドルという巨額で買収すると発表した。マーク・ザッカーバーグCEOも「WhatsAppは10億ユーザーを目指す途上。信じられないほどに価値がある」と絶賛している。

   WhatsAppの収益源はユーザーからの課金である。しかもゲームなどではない。ユーザーはアプリを使うこと自体にお金を払わなければならないのだ。それでここまで広がったのは驚きだ。1年目は無料、2年目以降は年間99セントの利用料が発生する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中