2018年 9月 22日 (土)

アルバイトの時給、ここまで上がった 3大都市圏「過去最高」に

印刷

   3大都市圏(首都圏、東海、関西)で2014年10月にアルバイトやパートを新たに募集した際の平均時給が、人手不足を背景に2006年以降で最も高くなった。前年同月と比べて8円高い961円で、これまで最高だった2013年12月の959円を上回った。求人情報サイトを運営するリクルートジョブズが11月20日に調査結果をまとめた。

   業種別にみると、飲食店などの「フード系」が前年同月より10円高い937円と上昇したほか、「販売・サービス系」が3円高い944円、「営業系」が23円上がって1119円、「製造・物流・清掃系」が8円上がって950円などとなった。

   人手不足感が強く、時給を上げないと働き手を確保できない企業もあるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中