「ペットの体調不良」で有休 周囲の本音は「アホかぁ!」なのか

印刷

   有給休暇は労働基準法で労働者に認められた権利で、取得の理由は問われないのが原則だ。

   しかし大した理由がない申請だと、上司や同僚から顔をしかめられがち、というのが現実でもある。では、「ペットの体調不良」は「大した理由」に当たるのだろうか?

「有休なんだから問題ない」「ペットは家族だからOK」

「ペットも家族だから」、納得できる?
「ペットも家族だから」、納得できる?

   Q&Aサイト「Yahoo!知恵袋」に、「飼っているペットが死にそうですと言う理由で会社を休むのは普通のことでしょうか?」という質問が投稿された(2014年11月12日)。

   質問者によると、ペットを理由に休んだ社員は「普段真面目によくやってくれている年配の女性」だそうで、他にペットの面倒を見られる人もいないので、「上長もまったく当然と言う感じでOKしました」。

   しかし質問者はちょっと腑に落ちていないようだ。

「周りも表面上は?同じ反応です。自分も理解しているつもりなのです。しかしこれは一般的には通用するの?と言う思いがあるのですがいかがですか?」

   回答者からは、

「それまで一生懸命仕事をしていれば、何か有休を使うのに問題あるのでしょうか!?有休を使う理由がペットの病気だけで、問題ないと思いますよ」
「ペットといえ、その人には何十年と共に過ごした大切な家族、理由はともあれ、ペットの異変は休むに値すると私は思う」
「14、5年前になりますが、当時飼っていたインコのピーちゃんがヤバくて嫁は会社を休みました。ピーちゃんが ピーちゃんが...と。病院に行きましたが結局死んでしまいました。ペットも家族だと思います」

と、休んだ社員に理解を示す声が書き込まれている。

「ペット休暇」を制度に取り入れている企業も

   一方、

「以前にあたしの職場でも『猫が死んだから、今日は休みたい』ってTELしてきた人がいました。職場のみんなの反応は『アホかぁ!』です。上司が認めたとしてもその人の評価は地に落ちます」
「計画有休ならどんな理由でも良い。ペットの不調を理由に突発休は不愉快。せめて自分の体調不良くらい(嘘でも)言って欲しい。『ペットも家族』ってのは当人の気持ちの問題でしかなく、法的にも手続的にも他人的にもペットはペット。家族ではありません」

など、「ペットは休む理由に値しない!」という厳しい意見もある。

   自分の会社では許されなさそう、という人からは「彼女の想いを分かって休みを快諾してくれる職場も素晴らしく 羨ましい限りです」という書き込みもあった。

   また、ペットが理由の休暇を制度で認めている企業もある。

   動物用検査機器などのアイデックス ラボラトリーズ、ペットフードメーカーの日本ヒルズ・コルゲートと、動物に関する業務を主に行っている企業をはじめ、アマゾンジャパンも「ペット休暇」を取り入れている。

   ちなみに、会社側による、いわゆる「時季変更権」は、また別の問題だ。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中