「ズバ抜けた結果」を出す人はココが違う

印刷

   『「ズバ抜けた結果」を出す人の行動習慣』(坂本幸蔵、日本実業出版社)。2014年11月発売。1400円(税別)。著者は、サイバーエージェント入社2年目にして、子会社の役員(当時グループ史上最年少)に抜擢されたほどの凄腕。現在は独立し、株式会社リッチメディア代表取締役CEO。出版社サイトによると、

「サイバーエージェントで史上初の実績を連発後にITベンチャーを起業した『やったります男』が行動術を初公開。『宣言すればあとはやるだけ』『月間目標は14日以内に達成を目指す』『セカンドチャンスはあると思うな』など、絶対やり切る力が身につく!」

   「帯」には、「100%本気でやったか?」「1%の後悔もないか?」などの文字が。初公開される、その行動術とは。


   この本に対するあなたの「読みたい度」は、どれくらいですか?記事下の「1クリック投票」からご参加ください。コメントもお待ちしています。リンク先の出版社サイトもご覧ください。

『「ズバ抜けた結果」を出す人の行動習慣』
『「ズバ抜けた結果」を出す人の行動習慣』
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中