2018年 12月 13日 (木)
ただ今、J-CAST IDにログインしにくい状況が発生しており、ご迷惑をおかけしております。
現在、復旧に向けた作業を行っておりますので、ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

「ズバ抜けた結果」を出す人はココが違う

印刷

   『「ズバ抜けた結果」を出す人の行動習慣』(坂本幸蔵、日本実業出版社)。2014年11月発売。1400円(税別)。著者は、サイバーエージェント入社2年目にして、子会社の役員(当時グループ史上最年少)に抜擢されたほどの凄腕。現在は独立し、株式会社リッチメディア代表取締役CEO。出版社サイトによると、

「サイバーエージェントで史上初の実績を連発後にITベンチャーを起業した『やったります男』が行動術を初公開。『宣言すればあとはやるだけ』『月間目標は14日以内に達成を目指す』『セカンドチャンスはあると思うな』など、絶対やり切る力が身につく!」

   「帯」には、「100%本気でやったか?」「1%の後悔もないか?」などの文字が。初公開される、その行動術とは。


   この本に対するあなたの「読みたい度」は、どれくらいですか?記事下の「1クリック投票」からご参加ください。コメントもお待ちしています。リンク先の出版社サイトもご覧ください。

『「ズバ抜けた結果」を出す人の行動習慣』
『「ズバ抜けた結果」を出す人の行動習慣』
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中