2018年 8月 22日 (水)

飲み会で「セコい人」呼ばわりされる危険な行為

印刷

   会社の新・忘年会などで、全員分の現金を集めた後、クレジットカードで支払う人がいる。ポイント還元率が高いカードなら、一気に沢山のポイントを貯めることも可能だろう。が、そうした行為には、賛否両論あるようだ。

カードで決済すると「ポイント5倍」

カード支払いなら・・・
カード支払いなら・・・

   マイナビウーマンの記事、「【実録】女子が目撃したセコイ男子『中華まん代を請求』『儲けようとして幹事』」(2014年10月4日)によると、飲み会は、「セコさがまる出しになりやすい場所」という。幹事になった男性が、「クーポン券を使って自分の分だけ飲み代を浮かす」、「お釣りを独り占め」するなどのケースもあるようだ。

   質問サイト、ヤフー知恵袋では、「飲み会などの席で、割り勘にして代金を全員分集めてから、代表者がレジで支払いの際に、カードで支払うのは常識的にありですか?」という投稿があった(2014年2月3日)。質問者は、以前、職場の同僚たちと居酒屋に行った際、自分の持っているカードで決済すると、「ポイントが5倍になる」というポスターを見かけたという。

   その場で自分が払えば、ポイントを貯めることができたが、実行はしなかった。が、「今度また食事に行った際に、そういうポイントキャンペーンがあったらカードで支払ってみようかなと思ったのですが、それはマナー的にはありですか?なしですか?」

   ベストアンサーに選ばれたのは、「マナー違反ではないけど、止めておいたほうが無難」という意見。「まわりの反感を買うでしょうね。結局、自分だけが得をするのだから。大勢で行くと、そういうのをちゃんとチェックしている人がいます」という。

「幹事ならOK」?

   仲間内の飲み会で「ポイントを貯めようとする」のはズルいが、「幹事なら許される」との意見も多い。

   「以前、会社にそういう人がいた」という回答者からは、「幹事が支払いの時にカードを使うのは、特に気にしません。幹事の役割への、ささやかな『手間賃』くらいの認識です」との意見が寄せられた。が、「幹事以外の人が『自分のカードを使ってくれ』というのは頂けない」という。どうしても自分のカードで払いたいなら、会計の際、「『このカードをお持ちの方いらっしゃいますか? ポイント5倍だけれど、私のカードを使わせていただいてもいいですか?』と声をかければ良いのでは・・・」との意見もあった。あらかじめ、「ポイントを貯めたい」と打ち明けてしまえば、周囲の不信感も薄れようというものだ。

   ただ、やはり「セコさ」は拭いきれない。「せっかく(支払いという)面倒な行為を引き受けた人は、『面倒見がいい』と好感をもたれるのに、その行為が『ポイント欲しさ』だと分かると、良く思っていただけに、余計に『あさましい行為』のように見える」との意見も。

   なるほど、会計でポイントを貯めようとする人への「違和感」は、「面倒な支払い役を引き受けてくれたと思いきや、ポイントを貯めたいだけなのか・・・」という、『ちょっと裏切られた感じ』なのかもしれない。(KH)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中